誰に対し主張できるか


土地共に借地権の一種である地上権と賃借権ですが、誰に対して権利を主張することが可能なのかという点が異なります。土地を所有している方にとって有利なのは賃借権のほうで、利用する側にとって有利なのは地上権のほうです。なぜ有利なのか不利なのかは、以下の内容をチェックすればわかります。

まずは地上権ですが、この権利は物権であるということで、主張は誰に対しても行なうことが可能です。一例として、地上権の設定後には、借地権は土地の持ち主のほかに土地を買おうとしている方や、隣人など、どのような方に対しても権利を主張することができます。さらに、土地の持ち主の承諾を得ることなく、好きなように権利の譲渡を行なうことが許されているのです。土地を利用する側にとっては都合がいい権利ですが、土地の持ち主にとっては都合が悪い権利といえるでしょう。

次に賃借権ですが、権利の主張を行なうことが認められているのは、基本的に土地を貸してくれている方だけです。地上権のように土地を購入しようとしている方などに権利を主張することはできません。また、権利の譲渡を行なうためには、土地を貸してくれている方の承諾を得なければいけない決まりになっており、借りる側にとっては都合のよくない権利といわざるを得ないでしょう。