そのほかの違いは?


家地上権と賃借権には、目的の制限の有無に関する違いがあります。縛りがあるのは地上権のほうであり、工作物か竹木の所有に使用目的が限定されています。これに対して、賃借権は使用目的に縛りは何もありません。この使用目的の制限以外にも、賃料・地代に関することや契約期間などについても、地上権と賃借権では異なる点があります。

まず賃料・地代に関してですが、地上権は地代の支払いなしでの契約でも効力がありますが、賃借権の場合は絶対に賃料に関する取り決めをしなければいけません。次に契約期間に関してですが、地上権は契約期間が永遠に続くようにすることができるのに対し、賃借権は民法では20年をオーバーすることはできません。ただ、建物の所有が目的のケースでは、民法の特別法によって最短30年以上が契約期間となります。

ほかには、地代・賃料の支払い遅れに関しても、借地権である地上権と賃借権では異なります。地上権では、2年以上の期間にわたって地代の支払いが行なわれていないことで、ようやく土地の持ち主は地上権の消滅を求めることができるのに対し、賃借権は基本的にたった1ヶ月、賃料の支払いが行なわれなかっただけで解約の理由となります。このことから、借りる側にとって滞納に関しては圧倒的に賃借権が不利なことがわかります。