借地権とは何か


日本では、ほかの方の土地を使っている方がたくさんいます。ほかの方の土地のうえに住宅を建てて暮らしている方もいますし、ほかの方の土地のうえに事業を行なうための建物を建てて使っている方もいるのです。こういった目的で、ほかの方の土地を使わせてもらうためには、借地権を設定しなければいけません。借地権は建物を所有する目的でほかの方の土地を貸してもらう権利のことをいいます。

家ほかの方の土地を無断で使うことは法律に抵触する形になりますが、借地権の設定を済ませることで、適法にほかの方の土地を使える状態になります。そしてこの借地権は地上権と土地賃借権に大別することができます。このうち、地上権は物権であり、賃借権は債権です。物権は当事者をはじめ誰に対しても主張可能な権利であり、権利者が好きなように処分することが可能です。一方、債権は物権とは異なり、契約を交わしている当事者間でのみ主張可能で、権利者は相手の承諾なしには好きなように処分をすることが認められていません。

上記のように、借地権の一種である地上権と賃借権には物権なのか債権なのかという違いがあります。そしてこの2種類の権利には、ほかにもさまざまな点が異なります。当サイトでは借地権の基本的なことを知っていただくため、地上権と賃借権の違いについて解説しています。物権と債権の違いだけでなく何が異なるのか知りたいという方は、ぜひ別のページの内容もご一読ください。

参考リンク:借地権 無料相談ドットコム